最近の寝つきはどうですか??2021/10/04


こんにちは!スポーツ指導員の加藤です

 

10月に入り、朝晩のひえが激しくなってきましたが、体調は崩していませんか?

季節の変わり目で体調を崩しやすくなります。食事や睡眠で体調を維持することが大切です

そこで今回は、寝る前のストレッチをご紹介したいと思います

 

寝る前のストレッチは、心身ともに緊張をほぐし、寝つきがようくなる効果があります。筋肉を緩めることで血流が良くなり、身体的な効果に加え、リラックス効果を促す副交感神経を優位にすることで自然な眠気に繋がります。

 

股関節の周りをほぐす

①床にあぐらの状態で座ります。左右の足裏を合わせ、両手で足を包み込むようにもちます。足の位置は背筋を出来るだけまっすぐ伸ばせるところに置きしょう。

②息をゆっくり吐きながら、背筋をできるだけのばしたまま上体を倒します。背中が丸まらないところまで倒し、キープします。

1分間に3回を目途に行いましょう

 

手足の力を抜いてリラックス

①仰向けに寝て両手・両足を天井方向へ向けます。

②なるべく脱力した状態で、両手両足をぶらぶらさせましょう。

30秒×2回ほどを目途に行いましょう。

 

全身をゆるゆる「背伸び」

①仰向けで寝た状態で両手を万歳するように上に伸ばします。

②両手両足をゆっくり伸ばし背伸びをします。手足の指先がそれぞれ上下に引っ張られるようようなイメージを持つとコカが高まります。

30秒を目安に行いましょう

 

ストレッチを行って質の良い睡眠をとり、体調管理をしていきましょう