秋の体調不良について2021/09/16


皆様おはようございます

スポーツ指導員の渋谷です!

9月も半分が終わり秋らしい気候となってきましたね

就寝時はもうクーラーもつけなくていいほどの過ごしやすさです

 

さて今日は秋の体調不良についてお話ししていきたいと思います!

 

① “冷え”による疲れ

夏は暑い印象がありますが、意外にも、職場内の冷房や冷たい飲み物による体の冷えが多いとされています。

秋は朝晩の気温差が大きくなり、身体が感じる冷えによって、胃腸の機能を悪くしてしまう恐れがあります。着脱しやすいカーディガンを持ち歩き調節する、冷たい飲み物を避け常温や温かい飲み物を飲むことを心がけましょう!

また、お風呂にはしっかり浸かるようにし、食事ではショウガなど体を温める香辛料を積極的に使うのもおすすめです

 

②急な温度変化

秋の朝晩は気温が低く涼しさや冷えを感じる一方で、昼になれば気温も上がりまだまだ暑い日も続きます。

このような寒暖差は自律神経を乱し、身体のだるさや疲れ、頭痛を引き起こします

また、寒暖差によって鼻炎などのアレルギー症状を発症することがあります。

 

これらの予防するためには、体を温めること、適度な運動、バランスのよい食事をとることが大切です

 

③空気の乾燥

秋が深くなるにつれて、空気が乾燥していきます。

空気が乾燥してくると汗をかいてもすぐに乾いてしまうため、水分を失っていることを感じにくくなってしまします。そのため、水分補給がおろそかになり、のどの痛みなどを引き起こします。

夏を過ぎても、積極的に水分補給をすることを心がけましょう。

 

④日照時間の減少

秋・冬は日照時間が短くなります。

日照時間が短くなると、セロトニンという脳内物質の分泌が減少します。このセロトニン不足は気分の落ち込みを引き起こし、秋のうつ病を誘発します。

セロトニンを分泌するための方法の1つとして、太陽の光を浴びることが挙げられます。

太陽の光を浴びることで、気分の落ち込みを解消することができると言われています。

また、この涼しい時期こそ、朝日を浴びながらのストレッチやウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。全身の血行もよくなり自律神経を整える効果が期待できます!

 

夏の疲れを残さず、元気な身体で秋を過ごしましょう